中学生 つい文句がいいたくなってしまうときは?

 8月31日(金) 午前8時半。蒸し暑いです。

 明日からの雨で,少しは気温が下がることに,心の底から期待します。いや,ホント!

 でも,台風は来なくてよいからね。

 さて,昨日,連絡票に,メッセージをいただきました。連絡票とは,塾生やご家庭との連絡用に,月謝袋といっしょに毎月お渡ししているものです。ご相談やご報告,お悩みなど記入して提出していただければ,必要に応じてご返答申し上げるようにしております。(トップページ参照のこと。)

 夏期講習中もメッセージ,頂いておりましたが,さすがに画像を処理したりアップしたりの準備に時間が取れず,ブログでは扱っておりませんでした。ようやく講習が終わり,通常の状態に戻りますので,これからはいただいたメッセージ,可能な限りブログで取り上げさせて頂こうと思います。

H30nenn9gatuandoumotoharu.jpg

 Aさん,いつもメッセージをいただきありがとうございます。

 前にも書いたような気がしますが,今の生徒さん,いろいろな顔を使い分けます。塾で見せる顔と友達に見せる顔,ご家庭での顔,シーンシーンで使い分けるのですね。我々が子供のころは,裏表があるということで,大人からはこういうやり方は嫌われたものでしたが,今の生徒さん,複雑な現代社会を生きる上でのスキルとしてこういうこと,自然に身に付けているように思えます。

 生徒さんを多面的に捉える意味で,ご家庭における生徒さんの様子をお知らせいただけるのはとても助かります。

 逆に,塾生向けのメッセージ,よもよも日記は,塾での生徒さんの様子,しかも,授業直後の取れたてホッカホカの生徒さんの様子,ご家庭にお知らせするという意味で,うまく機能しているのではないかと思っております。初めてここをご覧の皆様,リピータの方,よもよも日記もぜひお目通しください。

 さて,メッセージ。中1の息子さん,中学生としての夏休み,部活をこなし,塾の通常授業と講習をこなし,学校の宿題も,内容はともかく(原文のまま)終わらせたそうです。

 しかし,お母さん,子どもさんのことを心配するあまり,ついいろいろと口を出してしまい,子どもさんとけんかになる。

 そこで,どうしたか。

 宿題が終わるまでA君の祖母,つまりおばあちゃんの家に,A君を預けたそうです。結果,A君もお母さんも,夏休みの期間を機嫌よく過ごせたとのこと。ただし,来年以降もこれでよいのかとお悩みだそうです。

 ご英断!! よくぞ!! と思います。

 文面からすると,彼がそのまま自宅にいた場合,双方の精神状態は最悪,イライラすることばかりで,お母さんが彼の行動に意見することで,学習や生活の質の向上が望めたとはとても思えません。ならばいっそ離れてしまえというこの思い切り,なかなかできることではないのではないでしょうか。

 大人から見るといろいろ言いたくなるのは当然ですが,中学生としての初めての夏,自分で考え,行動し,部活をこなし宿題を終わらせたという経験そのものが,とてもよい勉強になっているはずです。

 来年は彼も1年分成長しています。中学生のこの1年は変化の連続,成長の連続です。また,お母さんの方も,親として1年の経験を積まれるわけですから,A君を今と違った見方でとらえているかもしれません。1年後のことは1年後に考えるのがよいような気がします。

 いよいよ二学期です。A君,運動会,地方祭,二学期末考査と,次々と経験を積み,どんどん大人になっていくでしょう。それとともに親子の関係も変化するものだと思います。たいへんだと思いますが,がんばっていただきたいと思います。

 それから,A君の妹さん,いつも講習を受講してくださいます。近藤塾では私語がなく,学習に集中できると喜んでくれていたということなので,付記させていただきます。Iちゃんありがとうね。CMさせていただきました(笑)。

 読んで頂きありがとうございました。気に入っていただけましたらまた足をお運びください。

 いよいよ二学期,無料体験のお問い合わせ,ぜひご検討下さい。よろしくお願いいたします。

 ここをご覧の方々,どきっとされた方もずいぶんいらっしゃるかもしれませんね。何かの参考になればと思います。

 

コメント


認証コード3277

コメントは管理者の承認後に表示されます。