計算のテクニックは自分を楽にする道具

 8月30日(木)午前8時半。快晴。

 早朝はそうでもなかったのですが,気温,ぐんぐん上昇中です。今日も暑くなりそうです。

 昨夜風呂で気が付いたのですが,日焼けしていた顔の皮がむけ始めました。この日曜日のソフトボール大会で,炎天下,帽子をかぶらずに3ゲーム出ずっぱりだったので,多分むけてくるかなと思ってはいました。何年ぶりかの感覚です。塾生がびっくりしなければよいのですが(笑)。

 体操のトップ選手が会見を開いていましたね。ハラスメントなのか,愛情ある厳しい指導なのか…線引きはとても難しい問題だと思います。

 選手はハラスメントとは思っていないといっているコーチを,組織は素早く,そしてとても厳しく罰しました。ところが,選手は,その過程において組織側からハラスメントを受けたと表明しました。

 コーチや選手の持つ精神的土壌と,組織のトップが持つ精神的土壌,結局同じなのですね。そして権力を持っている分,組織のトップの方が少し性質が悪いように感じます。正にトカゲのしっぽ切り。大騒ぎになる前に,厳しく処分したという事実を作ってごまかそうとして大失敗しているように見えてしまいます。渦中の体操選手,きちんと保護できる大人が周囲にいてくれればと思います。

 さて,前振りが長くなってしまいました。今日は文字式の計算法について。

 分数係数の文字式の加減,苦手な人,多いです。

 原因は様々で,例えば小学生の時の分数の学習ができていなければ無論,話になりません。文字式の計算のし方が解っていない場合も同様です。

 しかし,そうでなくても,分数計算の計算になると,やたらと時間がかかり,計算ミスが増える人,多いです。

 例えば 2/3x-8/35-8/15x+1/7 通分しなければ計算できません。

 分数係数の計算が苦手な生徒さん,全体を同じ分母に通分しようと奮闘します。3,35,15,7の最小公倍数は105です。これ,みつけるのに時間がかかります。下手をすると,3と35と15と7の積を計算して分母にしようとする人もいます(笑)。いや,笑ってはいけない。本人は至ってまじめにやっているのですから。

 計算ができるのは 2/3x-8/15x,-8/35+1/7で,前者と後者は混ざりません。ですから前者は分母を15に,後者は35に通分すれば,簡単に計算できるわけです。

 やみくもに通分せず,どれとどれが計算できるかを考え,仕分けしてそれぞれ通分すると,計算は非常に楽になります。

 近藤塾では,文字式の計算を学習するときに,上記,必ず説明し,演習を行います。ところがここが分かれ道。

 計算力が付いていく生徒さん,これを自分のものにして使いこなします。すると,分数係数の計算,ものすごく簡単です。

 しかし,何度指導してもこれが身に付かない生徒さんもいます。分数係数の計算が出てくる度に考え込んでしまい,いやになっていきます。もっとも,こちらもそれは解っているので,早め早めにアシストするのですが。

 そしてこの計算法,なかなか身に付かない生徒さんの方が多いです。どうも今の生徒さん,学習が受け身な人,多いですね。便利な計算道具の存在を知っても,それを取りに行こうとしない,使おうとしません。

 ここをご覧の保護者の皆様,または中1生のみなさん,思い当たることがあるようなら,ぜひ参考にしてください。

 また,上記はあくまで例の一つで,これに類する計算や解法の便利な道具,たくさんあります。近藤塾では日々,そこを突いた指導をしております。二学期に向けて無料体験,ぜひお問い合わせください。CMでした。

 

 

コメント


認証コード6906

コメントは管理者の承認後に表示されます。